FC2ブログ

「お金の使い方って性格でるよね…」と思った話

-
ちはる
豚さんの貯金箱 


お金に対する価値観も、人によって様々ですよね。
1日の食費やスマホ代に幾らくらい使うか、神社などへお参りに行った時のお賽銭の
金額や恋人や友人への誕生日プレゼントの金額など、その人の考え方や価値観次第
で、金額は大きく変わってくるわけです。


昨年秋ごろ友人と日帰りバスツアーに行った時のことなのですが、友人は500mlの
ペットボトルのお茶を、3本も持ってきていました。
500mlを3本って、けっこう重たいですよ。

なんで3本も持ってきたのかを尋ねると、サービスエリアや観光地で飲み物を買うと
高くて損した気分になるから買いたくないのだと、言っていました。

言っていることはよくわかります。観光地って値引きしてないから、ペットボトル
のお茶を買うにしても、地元のスーパーで買うより高いんですよね。しかも小さい
サイズしか売ってなかったりする場合もあって、「えぇー!このサイズで150円か~
ぼってるなぁ~。」とか、ブルブツ文句言いながら買ったこともあったっけ。(笑)

なので私も1本は持っていくようにしてるんですけど、さすがに3本持っていこうと
は思いません。飲み物代が多少高くついたとしても、身軽な状態で動けることのほ
うが、私にとっては重要なので。

ペットボトルを3本持ってきた友人。
こんなふうに飲み物代をケチるわりにはバッグにはすごくお金をかけていて、いつ
もハイブランドのバッグを持ち歩いています。


このように金銭感覚は、人によってだいぶ差がありますよね。
また他人から見れば不可解なモノに大金を使っている人もいたりするので、お金の
使い道をよくよく観察してみると、その人の人間性が見えてくるように思います。

皆さんのお金の価値観がどうであれ、社会で人と接する中では「この人のお金の使
い方には品がある。」「この人はお金の使い方が粋だなー!」などのように思われ
たほうが、断然よいと思いませんか?

「節約が好き!」などの産まれ持った性格を無理に変えなくても、せめて人と接す
る時には、お金の使い方をどのように見せるかを考えるようにすると、相手からの
好感度や信頼度がアップしやすくなるように思います。


はい。前置き終わり。
そしてここからが本題です!!

なぜ今回、長々とこのような前置きをしたかといいますと、先日「えっ?! 何な
のこの人??」と、あきれるほどセコイ人に出会ってしまったからです。  


和室で食事会 


先日、仕事帰りに職場の人と8人で、食事にいく機会がありました。

みんなが車で通勤していることは分かっているので、予約の際にはお料理のコース
頼んだだけで、当然のことながら飲み放題なんてものはつけていませんでした。

ただ8人中1人は徒歩で通勤している人だったので、その人に限っては飲んでも大丈
夫な状況ではありました。それでも、普通に周りに配慮できる人なら、この状況で
自分だけお酒を頼むことはしないと思うんですよね。

この人は徒歩で通勤しているので、お店まで乗せてきてもらっているわけですよ。
そんで帰りも送ってもらうわけですよ。

そういった立場だったら、いくらお酒が好きでも、飲むのを遠慮するのが常識ある
大人の対応ってやつだと思うんですよ。


なのにこのオジサン、すごい飲んでた。確実に10杯以上は飲んでた。(-_-;)


それでもまあ、「よほどお酒が好きなんだろうな~。仕方ないな~。」くらいの
気持ちで、きっとみんないたんだと思います。


あの瞬間までは!!!


そして食事が終わり、「そろそろ帰りましょうか。」という段階になった時、
事件は起きてしまいました。

なんとあの1人で飲みまくったオジサンが、伝票のお支払金額を8人で割り始め、
「じゃ~1人〇〇円ね!」と、みんなに自分が飲んだお酒代を負担させようとし
たのです。


えっ?? オマエ以外みんな一滴も飲んでないんだけど。
(↑あの時のみんなの心の声)


このオジサン以外の皆さんは、予め予約しておいたコース料理しか食べていません
し、飲み物はお茶が入ったポッドをテーブルに置いてくれてあったので、
それを飲んだだけです。そんな訳で、追加料金は一切発生していないわけです。

なので本来なら支払い金額は4000円ちょいで済むはずなのですが、このオジサンが
自分の飲んだお酒代を含めた金額で割り勘してきたもんだから、支払い金額が5千円
ほどになってしまったのです。

「なんで??」って感じでみんなの表情が曇り、その場の空気がザワつきはじめま
した。私としても物申してやりたい気分にかられましたが、その中では最年少だっ
たので、出しゃばるのはよくないなと、状況を見守っていました。

するとその中の1人が、「いやいや〇〇さん、それはおかしいでしょ。〇〇さん以外
はお酒飲んでないんだから、お酒代は全額○○さんが1人で払うのが当然でしょ。」
と言ってくれました。

そしたらなんとこのオジサン、「あれぇ~、そうだっけ~、俺以外飲んでなかっ
たっけかな~。」とかブツブツ言い出し、お財布の中を確認しつつ、極めつけの
ムカつく一言を口にしたのです。


あちゃ~~、お金ないわぁぁぁぁ!!!


ふざけんなよ!!!!!(←あの時の皆さんの心の声)


結局このオジサン、「お金がなくて払えない。」を連呼するので、その中でリー
ダー的な人が足りない分を出してあげて、なんとかその場はおさまりました。


このオジサン、普段からよく仕事に手ぇ抜くし小ズルイところがあるなとは思って
いましたが、人当たりは良くて面白いこともちょいちょい言って周りを笑わせてく
れたりもするので、別に嫌いというほどではなかったのですが、今回の件で、
見る目変わりました。今後はだいぶ距離をとって接していこうと思います。


お札と人 


今回の一件を見て、一時のお得感を得ようとするあまり、その後の関係性にヒビが
入ってしまう事もあるのだなと、改めて感じました。

節約はぜんぜん悪い事ではないですが、出すべき時にも出せないようだと、それは
節約ではなく、ケチだとかセコイとか思われてしまいますよね。

ケチやセコイ人はあまり人から好かれないなというのを、これまでにも何度となく
目にしているので、人の振り見て我が振り直せじゃないですが、私自身も気を付け
なくちゃなと思います。

そんな訳で最後に、尊敬される人・ケチと思われてしまう人のお金の使い方を、
私なりにまとめてみました。


尊敬されるお金の使い方                 
◆人からお金を借りない。(万が一に備えて多めに入れておく)

◆お金を借りたら2日以内に返す。(ちゃんと封筒に入れてできる限り早く返す。お
 礼の気持ちとして簡単なプレゼントなどと一緒に渡すのがよいと思う)

◆お財布の中が、きちんと整理整頓されている。(お金に対してちゃんとしている印
 象につながると思う)

◆お金の扱い方が丁寧。(硬貨や紙幣にせよクレジットカードにせよ、いい加減に
 扱わないこと)

◆ご馳走する時には機嫌よく!奢ってやってるオーラは封印すべし。(ご馳走してや
 っている…という態度はセコイ印象を与えると思う)


ケチと思われるお金の使い方               
◆支払いの時に文句を言う

◆支払額に差をつけない。(飲み会などで明らかに立場や年収、飲んだお酒の量が違
 うのに支払額に差をつけないのはケチと思われやすいと思う)

◆借りたお金のことを忘れる。(これはもう言語道断である!)

◆ご馳走になってもお礼をしない。(メールや手紙、電話などで後日、改めてお礼の
 気持ちを伝えるのが良いと思う)



なんかちょっと偉そうにいろいろ書いちゃったけど、そういえば私、ある人から

俺、ちはるちゃんのお財布みたことないかも???

って言われたことあるなぁー。はははぁ~。


イヤイヤだってね、出そうとするとね、「いいよ!いいよ!」とか言ってくれちゃ
うからさ、それでさ、ついつい甘えちゃってさ~~。ごにょごにょ・モジモジ・・・。


いつも甘えちゃってゴメンよぉぉぉ。
いつかお財布見せるからねー!!
それまで長生きしておくれーーー!!!

ってことで。

おわり。



    


関連記事
スポンサーサイト



ちはる
Posted byちはる