FC2ブログ

独身の私が既婚者との会話の違いに切なさを感じる時

0 Comments
ちはる
女性4人組


【2020年1月8日リライト】 


今日は女子会してきました。
「もう女子って年齢じゃないだろ!」ってツッコミはご遠慮ください(笑)

アラ還になったら『熟女会』略して『熟会』にしようと思っていますが、
それまでは誰が何と言おうと、女子会で通してやろうと思っています!(笑)


今回の女子会メンバーは、私(独身)・A子(独身)・B子(既婚)・C子(既婚)ってこと
で、ちょうど独身と既婚が2対2でした。

もともと同じ職場で働いていた4人で苦楽を共にした経験があり、仲も良いので
いたいことを言い合ってワイワイ楽しく話せる間柄ではあるのですが、既婚者
と独身者とでは、好む話題にどぉ~してもズレが生じてしまい、時にそのズレを
切なく感じることがあったりします。

今日はそのへんの心境ついてまとめてみようと思います。



子供の話が出ると切ない


四つん這い

切なさを感じる話題ナンバー1といえば、やっぱりコレですよね。

B子の娘さんがそろそろ高校受験を迎えるお年頃なのですが、公立か私立かに
よってかかる学費がぜんぜん違ってくるので、「絶対に公立へ行ってほしい!」
と言っていて、その流れで子育てにかかるお金の話になりました。

C子はその話に激しく共感していて、「うんうん、わかるわかる!子供のスマホ代
やら習い事の費用やらで私のパート代なんてほとんど消えちゃうもん!」と話が
盛り上がっていました。

さらにB子とC子は、「この間子供の部活で〇〇を買わなきゃならなくなってウン
万円も出費があったのよぉ~」とか言いながら、子供にかかるお金のことで、次か
ら次へと話が続いていきました。

私とA子は「部活でそんなにお金かかるんだ?! 大変だねぇ~!!」
とか言いながら、ちゃんと会話に参加してはいましたけど、やっぱり話す熱量みた
いなものは、子持ちのB子とC子に比べたら、どうしても低めなんですよね。

そりゃそうだよね。
子持ちの人と同じ熱量で、子供の話に参加できるわけがない。

そんな時、見えない壁を感じてちょっと切ない。



ママ友の話を聞くと切ない


子供と女性

子供ができると子供を通して、ママ友と呼ばれるものができます。

B子とC子にもとうぜんママ友がいて、そのママ友達のこともちょいちょい会話に
でてきます。

子供を通して今までにはない出会いが広がるわけですよね。

「〇〇ちゃんのママがすごくお菓子作りが上手でね、この間お宅にお邪魔して
作り方を教えてもらっちゃった!」

なぁ~んて話を聞くとね、もう羨ましくて仕方がないです。


独身だと年齢が上がるにつれて、職場以外での新たな人との出会いというものが
どんどん減ってゆく傾向にあるので、ママである!という共通点のもとに、いろ
いろな人と繋がっていくことができるママ友の世界観が、とても羨ましく感じる
のです。

もちろん気の合う人ばかりではないので、ママ友同士のいざこざや、PTA内でのゴタ
ゴタなど、親同士のヒエラルキー的なものをめぐっての争いなんかもあると聞く
し、親だからこその面倒くささとも無縁ではないという事は、一応わかっているつ
もりです。

それでもママ友を作ることができない者にとっては、ママ友の存在自体が羨ましく
感じてしまうので、B子とC子の口からママ友という言葉がでるたびに、2人が違う
世界の遠い人に思えて、ちょっと切なくなってしまいます。


「来年から中学にあがるから、お小遣いの金額増やせって言われて頭イタイわ~」

「旦那の給料は上がらないのに子供のお小遣いは上げていかなきゃならないから
辛いわよね~」


みたいな会話を、私もママ友とやってみたかったぁ~~!!




結婚しないの?? と言われるのが切ない


泣く花嫁

いい年して独身だと言われるセリフナンバー1って、コレだと思う。

私もこれまで何度となくこのセリフを言ってしまったことがあるし、申し訳ない
ことに、最近でも言ってしまったことがあります。

なんてゆうかこのセリフ、会話のフリとして使いやすいんですよね。

だから言ってる方は悪気なんてぜんぜんなくて、ただただ会話のフリとしてなんと
な~く言っているだけにすぎないのに、いい年して独身でこのセリフを言われてし
まうと、胸が痛むしちょっと面倒くさい。

そしてかなり切ない。


なんならもう、このセリフを言われないためだけに結婚したくなる。

でも、結婚するのやっぱり怖い。また失敗しそうで怖い。

結婚して一緒に暮らしてみて、やっぱり無理だから離婚したいと思っても、それを
相手がすんなり受け入れてくれなかった場合、離婚を勝ち取るために相当な労力を
つぎ込むことになる。そして心身ともにすり減ってしまう。

そういった事を考えてしまうと、結婚に対してどうしても臆病になってしまいま
す。

今カレとは、たぶん結婚はないだろうと思っています。
結婚には向かないタイプの人だと思うし、私自身、結婚してやっていくだけの覚悟
が持てないからです。

それでも今の私にはカレが必要で、カレにも私が必要で、いわば寂しさを紛らわす
ための共依存状態にあるのだと思う。


思えば若い頃からそうだった。
なぜか結婚に向かないタイプの人ばかりを好きになってしまっていた。
そんな自分を変えたいし変えなくちゃ!! と思いつつも、またいつものパターン
を繰り返している自分がいます。

もしかしたら、結婚するのが怖いから、結婚に向かない人ばかりを好きになって、
結婚に向かない者同士で依存しながら生きている現状を、ある意味心地よいと感じ
しまっているのかもしれません。


既婚の友人と話をしていると、みんなが当たり前にできている『結婚』というもの
できないダメな自分と、改めて向き合わさせられているようで、すごく苦しくな
時があります。


そんな私だから

結婚しないの??

って言葉はとても重たくて、胸に切なく突き刺さるのだろう。。。




まとめ


飲み会


B子とC子は

独身だとお金も時間も自由に使えていいよねぇー!!
恋愛も自由にできるしさっ!!

って言ってくる。


そしてA子と私は

結婚してると頼れる人がいるから羨ましいよぉー!!
孤独死の心配もないしさっ!!

って返してる。

こんなやり取りを、もう何回したことか・・・(笑)


独身でも既婚でも、それぞれに悩みはあるし、良い部分もあれば悪い部分もあっ
て、それはお互いにわかっているんですよね。

わかってはいるけれど、人はないものねだりをしてしまう生き物なので、

「独身だとお金も時間も自由に使えていいよねぇー!!」

「結婚してると頼れる人がいるから羨ましいよぉー!!」

って感じのおなじみの会話を、会うたびに繰り返してしまうのです(笑)


「隣の芝生は青く見える」ってやつなのでしょうね。


独身か既婚か。。。

どっちが正解でどっちが幸せだったのかの答え合えは、たぶん精一杯生きた先にし
かないのだと思うし、いつかあの世へ旅立つ時に、「幸せな人生だったな!」って
思うことができれば、既婚だろうと独身だろうと、そんなことはどっちだっていい
よう気がします。

でも温かい家庭への憧れは人一倍あるので、自分の幸と同じくらい、もしくはそれ
以上に相手の幸せを願える人と出会うことができたのならば、結婚して共に人生を
歩んでいけたらいいなとは思う。


B子とC子と話していると、子供の話や夫婦の話に入れなくて時に切ない気持ちに
なることもあるけれど、独身と既婚の壁を越えてたまには集まって、いろいろな話
が聞けたりする時間は、やっぱり楽しいです。

良い人生勉強をさせてもらっているなとも感じますしね!

こんな私と絡んでくれて、みんないつもありがとね♪


ちなみに今回行ったお店、メインを頼むとサラダやスープやデザートが食べ放題
になるタイプのお店だったのに、しゃべりに夢中になるあまり、おかわりを取り
く隙がなくて、ドリンクを3回ほど取りに行っただけでした。

そんなわけで全く元がとれませんでした。

せめてサラダをもうちょいお替りすればよかったぁぁー!!

次回絶対にリベンジする!!


ってことで。おーわり。


関連記事
スポンサーサイト



ちはる
Posted byちはる

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply