FC2ブログ

愛とは一体何なのか!?愛の定義を掘り下げてみた

-
ちはる
ハート×3 

どうもこんばんは。3度の飯より恋バナ大好きちはるです。


つい先日、録画しっぱなしで見ていない番組をチェックしていたところ、
もう何年も前に録画した『ホンマでっかTV』を発見してしまいました。

元スマップの草彅剛さんからの「人を愛すことができません」というお悩み相談が
テーマで、それに対して評論家の皆様たちから、とても興味深いご意見がいろいろと出ていたので、書き留めておこうと思います。


心が老化し始めると物事に理屈をつけようとする
若い頃は、好きなものは好き!愛してるものは愛してる!と、理屈抜きに言えていたものが、年齢を重ねるにつれて、そこに理屈を求めるようになるんだそうです。

一般的に40歳くらいが1つの分岐点だと言われていて、
これでいいんだろうか?本当に自分は愛しているんだろうか?
深く考えるようになるんだそうです。

愛に理屈を求めるのは老化現象だという一方で、恋愛をすると一気に若返ること
もあるので、若返るための戦略として、恋愛をすることはとても良い方法とのこ
とでした!司会のさんまさんは、愛情深くいろんな人に愛をふりまいているので、
若さをキープできているんですって(笑)。


人を愛するのは脳の扁桃体が関係している
脳の扁桃体が活性化していなかったり上手く機能していない場合、人を愛する
ことができなくなるそうです。

自己愛ばかりが強いのはさほどおかしいことではないものの、一度も人を好きに
なったことがない、愛したことがない、という場合には、もしかしたら扁桃体に
異状があるのかも・・・?!


愛の大きさ=リソースの配分
愛というものを脳科学的にわかりやすく定義ずけると、相手にお金や時間を
たくさん割くことができるかどうかによって、愛しているかどうかが判断で
るのだそうです。

これってすごくわかりやすい判断基準ですよね!
確かに愛情を持てない相手に対しては、時間もお金も割きたくないですもんねぇ。

「私この人のこと、本当に愛しているのかな??」
「この人、本当に私のこと愛してくれているのかな??」
って疑問が頭に浮かぶような時には、その相手に対してどれだけ時間やお金を割けるのか、その相手はどれだけ自分にお金や時間を割いてくれているのか。
そのあたりを冷静にじっくり観察してみると、自分や相手の本当の気持ちが見えて
くるかもしれません。

口先だけのあま~い言葉に惑わされぬよう、気を付けなくてはいけませんねぇ!!


多く投資することによってその相手を好きになる可能性がある
たくさんのお金や時間を割くことができる相手のことを、定義上は愛していると
いうことになるわけですが、その逆もありだそうで、お金や時間をたくさん割いた
相手に対しては、愛情が芽生えてくるのだそうです。

ホステスさんやホストさんに遊びだと割り切ってお金を使っていたつもりが、
いつの間にやら本気になってしまって借金してまでプレゼントや高いシャンパンを
入れたり、他のお客さんと仲良くしていると嫉妬してしまったりという状況は、
これに当てはまるようです。うん、なんかちょっとわかる気がする。(^-^;


先にあるのは愛なのか行動なのか?
愛しているから家族を持つのか?家族を持ったから愛が生まれるのか?
みなさんはどちらだと思いますか??

心理学的な前提としてとしては、家族を持ったから愛が生まれるのだそうです。

愛というものは、「あれって愛だったんだなぁ~!」と、後からじわじわ感じて
くるものであって、すぐに生まれるわけではないのです。
そして愛とは流動的なものであり、行動によって増えたり減ったりと、
変化していくものでもあります。

なので、「恋人はいるものの、この人のこと本当に愛しているのかな??
結婚して大丈夫なのかな??」と思い悩まなくても、結婚して家族を持てば、
自然と愛する気持ちも生まれてくるのだと、おっしゃっていました。

ただし、どんな相手とでも結婚して家庭を持てば愛が生まれるということでは
なく、勿の論、お相手選びはきちんと見定めなくてはいけませんけどね。

そしてさらに勿の論、2人の努力や忍耐も必要でしょうけどね。
結婚して家庭を持ちさえすれば、誰にでも愛が生まれるということならば、
世の中の離婚率がこんなに高いわけないもの。。。
現在の日本の離婚率、4割ほどらしいです。けっこう高めだよね。(^-^;


感性が似た人とは上手くいきやすい
お相手選びをするにあたって、趣味や興味の方向性などが合うかどうかを気にする
人は多いかと思うのですが、そういったことよりも重視すべきなのは、
笑うポイントが一緒とか、嫌いなものが合うかどうかとか、泣く所が一緒かとか、
そういった感性が合うかどうかが重要なんだそうです。

中でも、泣く所が一緒だというのは重視すべき点だそうで、感動したり悲しい
気持ちになるポイントが一緒の人とは、上手くいく確率が高いそうですよ。

相手が泣いているのを見て「何で泣いてるんだろう??」と理解できないような
場合には、その人とは合わないと判断した方がよいそうです。

ちなみに司会のさんまさんもゲストの草彅剛さんも、そのへんのツボが合う人と
出会ったことがないそうで、ブラマヨの小杉さんに、「だから全部うまくいってないんだぁぁぁー!!」と、ツッコミ入れられてました(笑)。

自分とは違った感性の人に魅力を感じて惹かれることも少なくないでしょう
けど、結婚して長く続けていくということを前提に考えた場合には、
悲しんだり感動したりするポイントが一緒かどうかや、嫌いなものが一緒かどうか
などの感性が近い人のほうが、長続きしやすいそうですよ!


4か月時点での満足度がその後の関係を予測する?!
最低でも4か月はお付き合いをしてみて、4か月の時点で自分はどの程度相手に
満足しているかというのが、その後長続きするかどうかに大きく影響してくる
らしいです。

なので4か月付き合ってみてしっくりこない場合には、別れて次の人を探した方が
よいとのことでした。

4か月。。。意外と短い期間に見極めなくちゃいけないんですね。(^-^;
違和感を感じたらズルズルと様子を見たりせずにチャチャっと気持ち切り替えて、
次行ってみよぉー!ってくらいの行動力や決断力が必要なのかも?!


まとめ
・心が老化してくると、人は物事に理屈を求めるようになる。
脳の扁桃体が活性化していなかったり上手く機能していない場合、
 人を愛することができなくなってしまう。
・愛をわかりやすく定義ずけると、『愛=リソースの配分』ということになる。
・嫌いなものや泣くポイントが一致する人を見つけて、お付き合いなり結婚なりを
 してみる。愛は後からついてくるものらしい。
・4か月時点での満足度が重要なので、その時点でしっくりこないと感じるよう
 ならば、別れて次を探すべし。


『愛=リソースの配分』というふうに考えると、愛しているかの目安としては、
わかりやすくていいですね!

でも嫌いなものや泣くポイントが一緒の人って、意外と少ないかもなぁ・・・と、
私的には思ったりもして・・・(^-^;
私けっこう涙もろいんで、ちょっとしたことでも泣くんですよ。だから泣き
ポイントが一緒の人って、なかなかいないんですよねぇ。。。

嫌いなものもけっこう多くて、混んでいる場所や騒がしい場所が苦手なので、
デートの時に行く場所をめぐって、もめることもしばしば。(^-^;

愛はあとからついてくるらしいけど、悲しいかなついてこない事も経験ずみ
なんですよねぇ・・・(^-^;
相手選びが悪かったのかなぁ?!それとも私の努力不足?!

でもまぁ~世の中にはいろんなタイプの人がいるんだから、私に合う人だって
きっとどこかにいるはず!(日本にいなかったらどうしよ・・・)
だって男は35億!って、ブルゾンちえみちゃんも言ってるしね!!

とにかく行動あるのみだぁぁぁ!!!

目指せ幸せな結婚!!!


そんな感じで。

おわり。


*********************************************************
カジュアルなマッチンサービスとは違い、真剣に結婚したい人ばかりが集まっている
本気度の高いサイトです。私もかつて利用してました。
プロフィールをきちんと埋める!年齢認証をする!できれば写真も載せましょう!
まずはここから、本気の婚活始めてみませんか!!




「婚活よりもまずは恋活がしたーい!」そんな方にはこちらがオススメ!
運営15年以上の信頼できる総合コミュニティサイトです。
サポート体制もバッチリなので安心して利用できます。
(*18歳未満の方はご利用できません)




関連記事
スポンサーサイト



ちはる
Posted byちはる