FC2ブログ

電気温水器取り付け工事完了!でもちょっとトラブったわ~

0 Comments
ちはる
  工事


先日、新しい電気温水器の取り付け工事が決行されました。

電気温水器はかなり重量のある物なので、クレーン付きトラックでブツが運ばれてき
まして、職人さん2人で工事を行ってくれました。

まず最初に既存の温水器の中に残っているお湯を抜かなければならないのですが、
「ただ抜いてしまうのは勿体ないから浴槽に溜めた方がいいよ」と言ってくれた
ので、浴槽にお湯を溜めるところからスタートしました。

ふぅ~、綺麗にバスタブ洗っといてよかったー!!!

私も母もズボラな人間なため、バスタブ洗うの面倒なのでお風呂はほとんどシャワー
で済ませています。よってバスタブなんて水垢で汚れてきた時にたまに洗う程度なの
が、前日は浴室のリモコン取り付けの際に見られることを考慮して、綺麗に洗っ
いたのでした!! 洗っておいて正解でした!!

バスタブいっぱいにお湯を張ってもまだまだお湯が出てくるので、バスタブから洗濯
機にお湯を移したり、バケツや非常用の水を入れておくポリタンクにもお湯をためま
した。それでも余ってしまったお湯は、仕方がないので捨てましたけどね。

ちなみに、電気温水器の中身はこんな感じになっています。
お湯が冷めないように保温材でグルグル巻きになっていました。
この保温材は、ガラス繊維だそうです。

            電気温水器


温水器からお湯を抜き終わると、これまで使っていた古い温水器の撤去作業が開始さ
れました。

ここから先は傍をチョロついていると邪魔になると思ったので、家の中で待機してい
ました。

そして工事を開始してから1時間くらい経ったころだったでしょうか。
「今からちょっとお水止めますね」と言われ、10分ほど水を止められました。

そこからさらに数時間経過し、新しい電気温水器が設置されたり家の中にリモコンを
取り付けてもらったりと、着々と工事が進んでいきました。


途中まで工事は順調に進んでいたのですが、工事が後半に差し掛かったころ、ちょっ
した問題が発生しました。

 電気温水器配管


電気温水器の下部はこのように配管関係の管がたくさん出ているのですが、これらを
隠すための『脚部カバー』なるものがあります。

この脚部カバーを取り付けることにより、配管部品の劣化を防ぎ、温水器内部の保温
効果が若干上がるそうです。

電気温水器にしてもエコキュートにしても、だいたいこの脚部カバーは本体とセット
で売られています。

私ももちろんセットで購入したのですが、もともと使っていた温水器が他のメーカー
の物だったことで配管の配置幅が今よりも若干広く、そのため新しく購入した脚部カ
バーの幅が、少しだけ足りませんでした。

そのことを職人さんから報告され、脚部カバーの下の方を少し広げて、それでも開い
てしまった隙間は、テープで覆ったらどうかと提案されました。

たぶんそれ以外に方法がなさそうだったのでその方法でやってもらい、仕上がりをチ
ェックしたところ、なかなかよかったです。テープで止めているのが目立たないよう
に、本体と同系色のテープを使ってくれた心遣いが、何気に嬉しかったです。


脚部カバーの装着が完了しリモコンの設定を終えて、あとは貯湯タンクを満水にし
て、1番重みがかかった状態で水漏れがおきないかをチェックし、尚且つちゃんとお
が湧くかを点検するのですが、この段階でまたしても問題が発生しました。

リモコンの設定をしてもらい、リモコンの操作方法などを一通り説明してもらった
後、ちょっと雑談などをしながらタンクが満水になるのを待っていたのですが、い
まで待っても満水にならず、「あまりにも溜まるのが遅すぎないか?!」と、
職人ん2人がざわつきはじめたのです。

家の中でどこか出っぱなしになっている水道はないかと聞かれたので、家の中を全て
確認し、全てちゃんとしまっている事を伝えると、「こんなに時間がかかるなんてお
かしいよな?!」と、給水ホースが接続されている部分の保温材を切断し接続部
外して、点検してくれました。

すると職人さん2人が

あぁーこれ、チャッキ弁逆に付いちゃってるわぁ~ 

謎のセリフを口にし、すぐさまチャッキ弁とやらを正しく付け直し、繋いでくれま
した。すると、さっきまで給水ホースからチョロチョロとしか出ていなかった水が
さっきの何倍もの勢いで、ビューーーと吹き出してきたのです。

チャッキ弁とやらの付け方ひとつでこんなに変わるもんなのかと、素人の私はそれは
もうビックリでした!!

ちなみにチャッキ弁というのは、こんな感じの小さな部品です。


(スマホの人は画面を横にしてみてね)

このチャッキ弁という部品が上下逆についてしまっていたため、水の出が悪く、タン
クになかなか水が溜らなかったようです。

こんな小さな部品の付け方の向きひとつでこんなに水の出方が変わるんですから、
小さな部品とはいえ、ひとつひとつの部品に大切な役割があるのですね。
こういった物の内部構造を目の当たりにすると、複雑な工業製品の設計や開発をして
いる人ってスゴイよなぁ~と、だいぶ感動しました。

そして逆に付いていることに気づいてくれた職人さん。

Good Job!!!

このチャッキ弁は今まで使っていた物を流用したらしいので、逆に取り付けたのは
前回取り付け工事をした業者だと思われます。

最後まで確認すれば水の出の悪さから気づいたはずなので、タンクを満水にしての
最終チェックまではしなかったんでしょうね。

その時私はこの家には住んでいなかったので確かなことは言えませんが、母のおぼろ
げな記憶からすると、「そういえば満水にしてお湯がちゃんと出るかの確認まではし
てなかったような気がする・・・」と申しておりました。

18年近くも逆のまま使わせやがって、訴えてやるぅぅぅー!!
慰謝料じゃ~~!! 
慰謝料よこせぇ~~!!

なぁ~んてことは、心優しい私はしませんけどね!(笑)


無事にチャッキ弁逆付け問題も解決しタンクが満水になったので、キッチンと浴室で
ちゃんとお湯が出ることを確認して、無事に取り付け作業終了となりました。

午前9時ちょっと前から作業を開始し、終了したのは夕方5時近くでした。
チャッキ弁逆付け問題がなければもう少し早く終わったと思いますが、それでも半日
がかりの工事になるでしょうね。

作業にあたってくれた職人さん、朝から晩までお疲れ様でした!!

そして18年近くも頑張ってくれた旧温水器ちゃん。
長い間お疲れ様でした。不具合が出てからもなんとかお湯を沸かし続けてくれて、本
にありがとう。おかげで水のシャワーを浴びずにすんだよ(^-^)


最後に余談ですが、購入と工事を依頼したタカラサービスの対応は、一貫してなかな
かよかったですよ。

まず最初に問い合わせした時の対応が感じよかったし、現地調査の翌日午前中には
正式な見積もりが送られてきたし、見積もりに関しての質問を電話でした際の受け答
えもちゃんとしていたし、工事の前日には確認のメールが送られてきたし、工事終了
にはすぐにアンケートが送られてきてお客さんの声を拾おうとする姿勢がイイナと
ったし、お金を振り込むとすぐに領収書が送られてきたりと、対応にルーズさを感
じることが全くなかったです。

これらの事は、当たり前といえば当たり前なのですが、当たり前のことができない
会社も中にはあるので、今回はタカラサービスさんに頼んで正解でした。


あとはこれが、何年もつかだよねぇぇー。
前回のが18年だったから、新しい子には最低でも20年は頑張ってもらいたい!!

頼むよ三菱ちゃん!!!

ってことで。おーわり。


関連記事
スポンサーサイト



ちはる
Posted byちはる

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply