FC2ブログ

Adobe Flash終了後ライブチャットのサイトはどうなるのだろう?

-
ちはる
パソコンの前で悩む 

以前より噂されていたPC版アメーバピグの終了が、ついに正式に発表されました。

アメーバピグの中のゲームの一つである「ピグライフ」が大好きな私は、この発表
にとても胸が痛みました。

今までコツコツと作り上げてきたお庭に、2019年12月2日をもってログインできな
くなるのかと思うと、まだ小さかったお庭をここまで育て上げてきたこれまでの記
憶が走馬灯のように蘇り、大きな悲しがこみ上げました。(p_-)

PC版が終了し、スマホ版として新たなお庭造りのゲームがリリースされるのです
が、スマホでは画面が小さい上にマウスがないので、今のように細部まで作りこ
むことは不可能でしょう。

表庭・裏庭・別荘と、それぞれに造りこんでいく楽しさがあり、可愛くて綺麗で
メルヘンチックな雰囲気に浸れるピグライフの世界観が、私は大好きでした。

そんな大好きなピグライフの終了発表にとても胸が痛みましたが、終了までには
まだ数ヶ月の猶予があるので、その間に動画やスクショを撮りまくり、思い出を
たくさん残しておこうと思います。

   ピグライフ 裏庭 
              *Amebaピグより




2020年 Flash終了問題         

そもそもどうしてPC版アメーバピグが終了になるのかというと、それはAdobe社
が、Flash Playerの配布とアップデートを、2020年に終了することになったから
です。

ブラウザゲームなどをやったことがある方なら、目にしたことがあると思いますが
Flash Playerとは、動画やアニメーションを再生する為の無料で利用できるソフト
です。

YouTubeやニコニコ動画などの動画再生サイトや、アメーバピグのようなPCゲーム
なども、このFlash Playerを使う事で利用できていました。

そして『お喋り館』をはじめとするライブチャットのサイトにもFlash Playerが
使われているわけですが、Adobe社の発表により、Flash Playerを使用している
サイトは、2020年以降には動作しなくなるということになります。



FlashからHTML5へ           

ではFlash Playerを使用しているサイトが、2020年に全て消滅してしまうのか
いうと、全てが消滅するわけではありません。

例えば、YouTubeやニコニコ動画などのかつてFlash Playerで視聴可能になって
いたサイトは、現在ではHTML5Playerという、別の技術によって再生されてい
ます。

このHTML5という技術へは、Adobe社がFlash終了宣言をした事を受けて切り替え
られたのかというと、そうでもないようです。

HTML5Playerは2010年頃から登場し始めたのですが、YouTubeではFlash終了宣言
の約2年半ほど前(2015年初旬ごろ)から、FlashからHTML5への切り替えが完了し
ていそうです。

ニコニコ動画でも数年前から再生画面上でユーザーへのHTML5版への切り替えを
促していたようで、Flash終了宣言を受ける以前から、既にFlashを使わないサイト
が増えていたようです。

全盛期では90%近いサイトで利用されていたFlashPlayerですが、近年ではその利用
率は15%程にまでに激減していたようです。

HTML5のような次世代技術の登場により時代遅れとなってしまったFlash Player
ですが、ライブチャットのサイトでは、今なおFlashが使われ続けていますよね。

『お喋り館』は、今後どうしていくんだろう??



Flash衰退の理由とは??         

これまで数多くのサイトで使用されていたFlashPlayerですが、それがなぜ
時代遅れとなってしまったのでしょうか??

その理由をググってみたところ、以下の3点が主な理由なようでした。

・重い(メモリを大量に消費する)
・エラー(クラッシュ)が多い
・セキュリティが弱い(ハッキングに利用されやすい)


このような理由からiPhoneは2010年の初登場時既に、iPhoneではFlashを
使わないことを徹底していたようです。

そしてAndroidでも2012年にはFlashのサポートを終了しており、ネットをスマホ
で利用するユーザーが増えた時代背景も、Flash終了の要因になったようです。



まとめ                  

ちなみにGoogle Chromeでは、2016年5月ごろから、Flashを無効化にしていま
す。最近チャットで話すようになった会員さんが、「Windows10にアプデした
らChromeでサイトが表示できなくなり、Microsoft Edgeにブラウザを変更した」
と言っていました。

私はWindows10でGoogle Chromeを使っていますが、Flashが必要なサイトでは
『Flashの使用を許可しますか?』というメッセージが出て、そこでYesを選択す
ることにより、現段階では表示が可能になっています。

私がWindows10にしたのは8から10への無料アプデ期間です。わりと初期の頃の
Windows10なので選択すればFlashが使えているけど、最近のWindows10だと
Flashが完全に無効化されてしまったということなのかな?? と、素人考えです
けど思ったりしました。


そしてライブチャットのFlash終了問題に関連すると思われる下記のような求人を、
某求人サイトにて発見しました。

動画配信、FX、英会話、ゲーム、太陽光発電、3Dプリンタ、IOT、ロボット、VRシアターと多岐にわたる事業を展開する企業にて、サーバサイドエンジニアのお仕事。
FlashPlayerの保守が2020年末に終了するため、現行のFlashに依存したライブチャットシステムを刷新するプロジェクトになります。
24時間365日稼働しているサービスを0から作り直すため、難易度は高いですが、メンバーと協力してアイデアを出し、トライアンドエラーを繰り返しながら現行システムと同等以上の品質を実現します。

この求人は派遣募集のサイトでの求人広告なので、派遣先の企業名は明確になって
いませんが、この内容から察すると、十中八九DMM(現FANZA) のライブチャット
ことだと思います。

この求人は、2019年2月に出されたものなので、まだ最近のものです。
このような求人を出しているということは、DMMは新システムに移行して
Flash終了後もライブチャットは続けていくという方針なのだろうと感じます。


そんでやっぱり私として気になるのは、『お喋り館』はどう
するんだろう?? ってとこですよね。

利用者が多くて採算の取れているサイトなら資金をかけてHTML5などの新システム
に移行すると思うのですが、資金をかけて存続させる価値があるだけの採算が取れ
ていないような場合、閉鎖になる可能性もなくはないのかな…と思ったり。。。

要は開発資金や労力と、収益が見合うかどうかってことだと思うのですが、
その辺はサイト運営者のみが知ることなので、私にはなんとも言えません。

ただFlash終了問題に関して何も考えていないはずはないと思うので、
運営側に質問すれば、何かしらのアンサーは貰えるはずだと、思っています。

チャットレディのお仕事はいろんな人と話せてなかなか楽しいので、できれば今後
も続けていきたいなと思っている私としては、サイトが存続してくれると嬉しいの
ですが・・・・・。

それか今のうちから、FANZAに引っ越しておこうかなぁ~。(笑)
まぁーそのへんは、運営側にFlash終了問題についての対応をどうするのか、質問し
てから考えようと思います。


それにしてもFlashPlayerがもはや時代遅れのプラグインになっていたとは・・・。
時代はどんどん移り変わってゆくのですねぇぇ~~。

時代においていかれないように、付いて行くのが大変だなぁ~~。(^-^;

あぁぁぁー、アナログだった昭和の時代が懐かしい!!
古き良き時代だったなぁ~と、ちょっとノスタルジーを感じてみたところで
今日は終了で~す。

ってことで。おわり。 


   

関連記事
スポンサーサイト



ちはる
Posted byちはる