FC2ブログ

煽り運転をされた時の私なりの対策

-
ちはる
      煽り運転 


どうもこんばんは。ちはるです。
前回のついでというわけではないですが、今回もちょっと車関係の話題について
書いていこうと思います。

近ごろ、煽り運転に関するニュースが世間を騒がせていますね。
YouTubeにも、悪質な運転の様子が録画されたドライブレコーダーの映像が
多数アップされています。このような映像を見ていると、目を疑うような危険な
運転をしている人がいて、車を運転することが怖くなってしまいます。

そして最近のニュースでは、煽り運転をしたドライバーが殺人罪で起訴されたと
事件までありますよね。

その事件の概要はこんな感じ。

昨年7月、中村精寛被告(40歳)は、大阪府堺市の路上で自動車を運転中
当時大学4年生だった高田拓海さん(22歳)が運転するバイクに追い越された
ことに腹をたて、時速100キロ近いスピードで追跡し、車をぶつけバイクを転倒
させ、高田拓海さんを死亡させた。事件後、被告の車に搭載されていたドライブ
レコーダーに「はい、おわり」とつぶやく被告の声が録音されており、強い殺意
があったのではないかと見られている。


車を運転していると、バイクに追い越されることなんて、ぜんぜん珍しいことでは
ありません。普通によくあることです。この程度のことに腹をたてて相手を追いか
け回し、挙句に死に至らしめるなんて、どうかしているとしか思えません。

普段は大人しい人でも、ハンドルを握ると性格が豹変し、人が変わったように
攻撃的な性格になる人がいるのだと、テレビでコメンテーターの方がおっしゃって
いたのですが、そういった性格って、本人は自覚出来ていないのでしょうか。。。

自分でも思わぬところでカーっとなってしまったりムキになって言いすぎたりして
しまうことって、車の運転に限ったことではなく、日常生活の中であると思うんで
すけど、そういった場合、「ムキになってしまって大人げなかったな…。」とか
後から冷静になって反省したりすると思うんですよ。そんで次からは気を付けよう
と意識して、熱くなり過ぎないように気持ちをコントロールするように努力してみ
たりすると思うんですよ。

そういった気持ちのコントロールができれば、そもそも煽り運転なんてしないと
思うんですよね。そういった気持ちのコントロールができずに、感情に任せて
イライラを運転にぶつけてくるような人は、車に乗るのをやめてほしいです。

イライラしたり煽ったりしたところで状況は変わりませんし、むしろ悪くなるだけ
だと思います。冷静さを失い前の車を煽ったところで、ほとんど時短になんてなり
ませんし、それどころか事故のリスクが増えるだけです。


私はほぼほぼ法定速度を守って運転しているので、今までに数えきれないほど
煽られた経験があります。

「えっっ?! そんなに車間距離つめて大丈夫?!」

ってくらい近寄ってくるので、かなり怖いです。
信号で止まる時とか、おかまほられないかとヒヤヒヤします。

ヒヤヒヤするのと同時に、「法定速度守ってる私が何でこんな嫌な思いしないと
いけないのよぉぉぉ!!!私なにも悪い事してないじゃん!!!」って
ムカつく気持ちも湧いてきます。

そんな時はいつも、「この人きっとウンチ漏れそうになってて、一分・一秒でも早
くお家に帰りたいんだな。なんならもう漏れちゃってて早くおパンツ脱ぎ捨てた
いのかもしれないな。」って、思うようにしています。
そうすると、ムカつく気持ちがおさまってきます。(笑)

私は煽られたらスピードを落としてやや端っこを走り、抜いてもらいやすいように
するんですけど、混んでいてスピードが出せないような状況で隣の車線もつまって
いるのに煽ってくるような人って、もはやただただストレス発散とか面白半分で
煽っているだけだと思うので、ああいうの、本当にやめてもらいたいです。

こんな事してもしも事故にでもなったら・・・って考えられないようなおバカさん
は、車に乗る資格なんてないと思います。自分だけで勝手に事故って自分だけが怪
したり死んだりするならお好きにどうぞ!って感じですけど、車の事故って、
かなりの確率で周りを巻き込みます。自分が痛い思いをしないようにということだ
けではなくて、周りに迷惑をかけないためにも、安全運転を心がけることは、ドラ
イバーの最低限の義務だと思います。

ゴール免許だと次回までの更新期間が長いし、更新する時の手続きもチャチャっと
終わるし、自動車保険の割引もあるので、いいことずくめだよ!!

だから皆様、安全運転を心がけましょう!!!

『注意一秒 怪我一生』
あの時もっと気を付けていれば・・・って、後から後悔したって遅いです。

私もこれからも、安全運転を心がけてゆきます!


そんな感じ。おわり。


   
     


関連記事
スポンサーサイト



ちはる
Posted byちはる